化粧品の正しい使い方で上手に日焼けケア!

美白化粧品 → 日焼けケアの正しい方法

美白化粧品-日焼けケアの正しい方法

いくら帽子や日傘を使っていても、さらに日焼け止めをたっぷり塗っていても、ちょっとした油断で日焼けしてしまうこともあります。海に行って、目に見えるような日焼けをした時には、入念なケアをしますが、日常的に少しずつ浴びた紫外線はついつい「あー、仕方ないな」とあきらめてしまうこともあって、シミになるのを待つだけです。

お肌は気が付かないうちにダメージを受けているものです。まず、日に当たって部分的に熱いと感じたら、日焼け、すなわち肌が「火傷」している状態です。そうなった時には、すぐに冷やすことです。日焼けのダメージは、とにかく早くケアすることで、ダメージを最小限に防ぐことができます。

「今日はいつもより紫外線浴びちゃったかな~」という日には、美白化粧品でしっかりとケアしましょう。特にビタミンC誘導体が入った化粧水などをたっぷりと使って、肌への保湿もいつもよりも入念に行います。

日焼けでヒリヒリしている状態の時には、すぐに化粧水や乳液などを肌に塗ってしまうと、肌がヒリヒリしたり、刺激で赤くなったりして逆効果になることもあります。また、体の中も水分が不足していることもありますから、水分補給も忘れずに行いましょう。

火照った肌がクールダウンしたところで、保湿を十分します。日焼けの後は、角質から水分が抜けて、紫外線から肌を守ろうと硬く厚くなっています。そんな肌は水分が不足していますから、たっぷりと保湿をしてあげましょう。

日焼けの後は、鼻の頭や肩など、皮がめくれてしまうことがあります。そうなると気になって、ついついはがしたくなりますが、皮膚トラブルの原因となるので、痒くなってもぐっと我慢して、自然にむけるのを待ちましょう。

もし、水ぶくれになってしまったら、火傷をした状態と同じですから、すぐに保冷剤などで冷やすことが大切です。水ぶくれは、衣服にこすれて知らない間につぶれてしまうことがありますが、破れた水ぶくれにバイ菌が入ってしまうと化膿してしまうことがあるので、心配なら皮膚科を受診しましょう。

花弁状色素斑とは?

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)とは、背中や肩、腕、胸元などにできるそばかすのような小さなシミのことで、多数散らばって現れます。

これは、強烈な紫外線を浴びたことによってできるシミで、胸や背中、腕などに多く見られます。形状がまるで小さな花びらに似ていることから花弁状色素斑と呼ばれるようになりました。

花弁状色素斑を引き起こしてしまう原因は、紫外線対策を怠ってしまい、強烈な日差しを長い時間浴びてしまったことによるものです。日焼けもひどくなるとやけどのようになってしまいますが、強烈な紫外線を浴び続けたことで、サンバーンと呼ばれる、毛細血管に炎症が起きてしまったような状態となってしまいます。

個人差はありますが、日焼けしてすぐに黒くならずに赤くなるタイプの人に多く見られるようです。花弁状色素斑ができやすいのは、普段あまり日に当たっていない部位です。日ごろから日光をよく浴びている顔などには、あまりできないようです。

普段は洋服で直射日光を浴びることのない、胸元や背中、肩や腕、腹部などに、海で水着になった時などに急に強い紫外線を浴びることで、できやすくなります。色は薄茶色から黒いものまで様々あり、広範囲に渡って、花びらのような形をしたシミやそばかす状のものがたくさん散らばってできます。

花弁状色素斑を予防するために、なんと言っても大切なのは、紫外線対策をしっかりとして強烈な日光を長時間浴びないことです。日ごろから、日焼け止めクリームを塗ってきちんとケアをするようにしましょう。

海や山のレジャーに出かける時などは、なるべく日光を通さないような物を羽織ったりして、肌が直接、紫外線にさらされない様に気をつけましょう。肌が出ている部分は、強力タイプの日焼け止めクリームをしっかりと塗ると良いでしょう。それでも、日焼けしてしまった場合には、肌を少しの間冷やすと良いです。

花弁状色素斑ができてしまった時は、まだできたてのシミであれば、美白化粧品の効果が期待できますから、美白成分が多く含まれた化粧品できちんとケアして下さい。