自動契約機から即日キャッシングに申し込み

自動契約機から即日キャッシングに申し込み



大手消費者金融のキャッシングでは、自動契約機から申し込みする事が可能です。消費者金融の店舗が近くに無いと言う方でも、自動契約機なら全国にたくさんあるため幅広い地域の方で利用できます。

自動契約機は店頭窓口のように店員は居ないですが、モニターやカメラでチェックしています。このため店頭申し込みと同様の審査を行う事が可能です。

対面による審査では無い分だけ気軽に申し込みできると言うメリットがあります。しかし自動契約機だから審査が甘いと言う事は無いです。

電話がある自動契約機が多く、分からない事があればオペレーターに質問する事が可能、機械の操作が苦手な方でも大丈夫です。自動契約機から申し込みするには、まずは最寄りの自動契約機を探します。

消費者金融のホームページで自動契約機の検索ができます。運転免許証など必要書類を持参し最寄りの自動契約機に来店します。自動契約機の中に入ると申込書があり、必要事項に記入します。

申込書と必要書類を自動契約機にセットし送信すると審査が始まります。中に居る間に信用情報のチェックや、勤務先への在籍確認などが行われます。

審査に通過したらそのまま自動契約機で契約、契約終了後にカードが発行されます。カードを受け取れば併設のATMコーナー、または提携ATMからキャッシングできるようになります。

消費者金融や自動契約機により異なるものの、21時から22時まで営業している事が多いです。仕事で遅くなっても申し込みする事が可能です。審査は最短30分ほどとスピーディーですが、混雑していると時間が掛かります。

他のお客さんが申し込み中の場合は終わるまで待たないといけないです。そのため夜遅くまで営業しているとは言え、早めに来店して申し込みしたほうが良いです。自動契約機から申し込みせず、インターネットで申し込みし審査に受かってからカードを自動契約機で受け取りする事も可能です。

この方法なら会社に出勤する前にインターネットで申し込みし、審査に受かるまで仕事を続け、勤務時間終了してから自動契約機でカードを受け取りできるのです。

キャッシングはインターネットで申し込みするのが一番便利

いくつかあるキャッシングの申込方法のうち一番便利なのがインターネットです。インターネットなら24時間365日いつでも申し込みする事が可能です。

まずはキャッシングのサイトにアクセスし、申し込みページへと進みます。必要事項に入力し、送信するとすぐに仮審査が始まります。仮審査は入力した情報を元にコンピューターが自動的に結果を出しています。人が行うよりコンピューターのほうが速いため、すぐに画面上に結果が出てくるのが特徴です。

仮審査後は担当者による本審査が始まります。本審査では信用情報の確認や勤務先への在籍確認などを行います。信用情報にキズが付いていると本審査に落ちる事があります。

過去に3か月以上ローンの返済を延滞したり、債務整理した事があると信用情報にキズが付きます。その他にも、他社借入額や借入件数が多すぎると審査に受かり難いです。

勤務先への在籍確認では担当者個人名で電話をかけています。キャッシング会社名は原則名乗らないため、会社の人に知られる心配は少ないです。

電話に出ると簡単な質問があるので答えます。電話に出れない時でも会社の人が「今は不在です」「今日は休んでおります」などと返答すれば在籍確認は無事に終了です。

審査に合格しだい、キャッシング会社と契約、急ぎの時は即日口座に振り込んで貰えます。後日郵送でカードが届きますので受け取って下さい。

自動契約機を全国に設置しているキャッシング会社なら最寄りの自動契約機でカード受け取りする事が可能です。キャッシングに申し込みする際には本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類は運転免許証、各種健康保険証、パスポートなどがあります。インターネットで申し込みした場合はメール、FAX、スマホアプリなどいずれかの方法で提出できるキャッシングが多くなっています。

このようにインターネットなら申し込みから口座振り込みまで来店不要で済ます事ができます。現金が手元に必要な場合は、振込の確認が取れ次第、キャッシュカードを持参しATMまで出かけて下さい。

キャッシングには限度額がある

いくつかあるキャッシングの申込方法のうち一番便利なのがインターネットです。インターネットなら24時間365日いつでも申し込みする事が可能です。

まずはキャッシングのサイトにアクセスし、申し込みページへと進みます。必要事項に入力し、送信するとすぐに仮審査が始まります。仮審査は入力した情報を元にコンピューターが自動的に結果を出しています。人が行うよりコンピューターのほうが速いため、すぐに画面上に結果が出てくるのが特徴です。

仮審査後は担当者による本審査が始まります。本審査では信用情報の確認や勤務先への在籍確認などを行います。信用情報にキズが付いていると本審査に落ちる事があります。

過去に3か月以上ローンの返済を延滞したり、債務整理した事があると信用情報にキズが付きます。その他にも、他社借入額や借入件数が多すぎると審査に受かり難いです。

勤務先への在籍確認では担当者個人名で電話をかけています。キャッシング会社名は原則名乗らないため、会社の人に知られる心配は少ないです。

電話に出ると簡単な質問があるので答えます。電話に出れない時でも会社の人が「今は不在です」「今日は休んでおります」などと返答すれば在籍確認は無事に終了です。

審査に合格しだい、キャッシング会社と契約、急ぎの時は即日口座に振り込んで貰えます。後日郵送でカードが届きますので受け取って下さい。

自動契約機を全国に設置しているキャッシング会社なら最寄りの自動契約機でカード受け取りする事が可能です。キャッシングに申し込みする際には本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類は運転免許証、各種健康保険証、パスポートなどがあります。インターネットで申し込みした場合はメール、FAX、スマホアプリなどいずれかの方法で提出できるキャッシングが多くなっています。

このようにインターネットなら申し込みから口座振り込みまで来店不要で済ます事ができます。現金が手元に必要な場合は、振込の確認が取れ次第、キャッシュカードを持参しATMまで出かけて下さい。

ネットで囁かれる怪情報を検証!延滞情報を他業者はわからない?

キャッシングに興味がある人は、『消費者金融で支払いを延滞しても、クレジットカード会社には情報が伝わらないからカードが使える』と聞いた事があると思います。この怪情報が本当なのか検証してみます。

1.怪情報の正体は金融漫画
昔の金融漫画(ミナミの帝王の初期の頃)に、消費者金融や闇金で延滞を繰り返した多重債務者が、なぜかクレジットカードは止められていなくて色々な商品をクレジットカードの分割払いで購入し、借入金の返済に充てたという描写があります。

この時に『消費者金融の使っている信用情報機関と、クレジットカード会社が使う信用情報機関は違うからわからんのやで』という説明がなされていました。この情報は当時(1998年ごろ)は正しかったようです。

2.当時の状況と貸金業法改正
当時大きな信用情報機関の概略は、クレジットカード会社・信販会社が中心となって作ったCICの前身会社、消費者金融業者が作ったJICCの前身会社、銀行が中心となって作ったKSCの前身会社にわけられます。

この三社は当時情報の共有を行っておらず、消費者金融で延滞してもクレジットカード会社はCICにしか会員になってないので、情報伝達されなかった事態が発生しえました。

しかし、その後2010年の貸金業法改正に向けた動きにより、指定信用情報機関の三社の情報は共有(CRINというシステム)される事になり、業態を越えた信用情報の共有がなされるようになりました。

3.怪情報は嘘
現在の状況ではCRINで情報伝達され、各業者が指定信用情報機関から情報を引き出すまでのタイムラグがあるにしても、消費者金融での延滞の記録は指定信用情報機関を介して、消費者金融や銀行に情報が知られる事になる仕組みになっています。

つまり、延滞の情報は各業態に時間差はあるにしても伝わり、業者によって対応に違いはあれど、現状作成しているクレジットカードやキャッシングカードの停止や減額に繋がる事になると思われます。

いかがでしたか。延滞は消費者金融だけでなく、住宅ローン、クレジットカードのショッピング、賃貸保証会社の家賃延滞等も共有されます。ネットの怪情報に惑わされず、キチンとした返済を行いましょう。

↑ PAGE TOP